MENU

ブラック病院を回避しているナースが必ず登録している民間のナースバンクとは?

民間のナースバンクは民間企業が厚生労働省の認可を得て行っている看護師専用の就職サポートです。公的なハローワークや日本看護協会と同じく、看護師は無料で利用することができます。

 

民間のナースバンクではハローワークと違い看護師だけを担当する転職コンサルタントがサポートしてくれるのが特徴です。あらゆる病院の採用担当者と会話している転職コンサルタントから、履歴書などの書類や面接のアドバイスも受けることができ不安な転職活動を安心して進めることができます。病院側との条件交渉もしてもらえます。

 

人間関係や雰囲気の悪い職場などもコンサルタントから教えてもらえるためブラック病院の回避にも役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナース人材バンク

ナースではたらこ

マイナビ看護師

ナースフル

看護のお仕事

 

 

 

看護師求人サイト『ナース人材バンク』について

 

 

ナース人材バンクは、看護師専門の転職支援サービスです。看護師不足が深刻になる中、こうしたサービスは需要が高まっていて、同様のサービス、サイトも増えていますが、その中でもナース人材バンクは信頼性の高いサイトとして定評があります。
ナース人材バンクの大きな特色の一つは、交渉力のあるキャリアパートナーが多数所属していることです。このキャリアパートナーが、転職を希望する側と、求人する側である病院、クリニックとの橋渡しをします。ナース人材バンクは業界一の老舗です。ですから、病院の採用担当者からの信頼も厚く、転職がスムーズに進む要因となっています。
流れを簡単に説明します。看護師、准看護師、保健師、助産師の資格を持っていれば、誰でもサイトに登録できます。この登録も、1分程度で完了する簡単なものです。登録が完了すると、地域に精通したキャリアパートナーから連絡があります。ここで、現在の就労状況や、転職の希望条件などがヒアリングされます。こうした条件を踏まえて、転職先が紹介され、希望に合うところがあれば、面接日の設定まで進みます。複数の面接を設定することも可能です。
面接に不安がある場合は、キャリアパートナーが面接対策の相談にも応じますし、面接にも同行します。給与などの勤務条件など、本人からは言い出しづらい質問や、条件交渉はキャリアパートナーが代行するので、気持ちよく面接に臨むことができます。
面接の結果、内定となった場合、本人の意思確認の上、求人側の病院と「雇用概要確認書」を取り交わし、転職が決定します。万が一、入ってから雇用条件が守られないような場合には、キャリアパートナーに連絡すれば、対応します。
このように、キャリアパートナーが大きな働きをするので、就業しながら転職先を探すことも可能となります。気持ちとしては、いったん退職してから転職先を探す方がすっきりすると思いがちですが、収入がない中で転職活動をすると、気持ちが焦りがちとなり、希望に沿わないところでも妥協してしまう、ということも起こります。その意味で、キャリアパートナーを活用できることは大きなメリットとなります。

 

 

ナース人材バンクの強みとは

 

 

看護師が仕事を希望したり、転職する場合には看護協会が運営するナースバンクが一般的ですが、これ以外にも転職サイトとして利用できるものがあります。
介護福祉や医療系分野の人材紹介サービスを提供する企業が運営するナース人材バンクも同様で、創設は2003年と古く、業界では老舗と言われるサイトとなっています。
その手の人達には看護師向け転職サイトとして有名で、現在では年間10万人の人が利用していると言われています。サポートするエリアは首都圏だけでなく47都道府県の全てをカバーし、広い範囲で仕事を紹介しているのが強みとなっています。
就職活動は人口密度の高い都市部に偏るものですが、そうなると地方で生活する人には不利にしかならないものです。しかし、ナース人材バンクは広域で求人を出しているので、都市部以外の人達でも安心して利用できるのが人気となっています。
また、こういった求人を載せているサイトは登録料や利用料、紹介料といったものにお金がかかることが多いですが、ナース人材バンクでは全ての費用がかからないようになっているので、一切の費用に負担がかからず仕事を探せるのも強みのひとつとなっています。
取り扱いのある求人形態は正職員となる常勤およびパートとなる非常勤の2種類で、派遣やバイトといった求人は対象外となっている点には注意しましょう。とはいえ、担当のコンサルタントに相談できるので、これから上を目指したいと考える人には便利なサービスが用意されています。確かなキャリアアップ、堅実な職場を探している人にとってはナースバンクにもひけをとらないサイトと言えます。
通常は一般公開されている求人ですが、中には応募の殺到を避けるために非公開求人もあり、登録者の技術やキャリアによっては紹介してもらえるものもあるようです。豊富な案件数から希望に添った求人を案内してもらえるほか、老舗ならではの豊富なノウハウを活かしたアドバイスなどもしてもらえるので、慣れない人でもスムーズに転職できるようです。

 

 

ナース人材バンクならパート求人も充実

 

 

看護師として働いているけど別の職場に転職したい、育児などでしばらく仕事から離れていたけどそろそろ復帰したいとお考えの看護師の方は、ナース人材バンクで新しい職場を探すといいでしょう。ナース人材バンクは紹介実績ナンバーワンの看護師専門転職支援サービスですから、初めての方も安心して利用できます。
ナース人材バンクのサイトを開くと全国各地の求人情報を閲覧することができるので、自分が希望する条件に合った職場が見つけやすいでしょう。北は北海道から南は沖縄まで多数の求人情報が掲載されており、都道府県別だけでなく市町村名や駅名、事業所名からも検索できるようになっています。働きたい医療機関が具体的に決まっている方はスピーディーに検索できて便利です。
まずは希望するエリアの求人情報を見てみたいと思ったら、求人検索のボタンをクリックしましょう。表示される求人情報には事業所に関する詳細や給与、休日、勤務時間などの情報が細かく掲載されて利用しやすいという点が特徴的です。おすすめポイントには2交替制や4週8休以上、残業少なめ、車通勤可などいくつかの項目が用意されていて、看護師の方が働きやすい職場かどうかがスピーディーに確認できます。
ナース人材バンクはパートの求人も多くなっており、雇用スタイルが自由に選べて便利です。看護師の仕事を探している方の中には子育てや介護をしながら働きたい方もいますが短時間のパート勤務ならどちらも両立させやすいでしょう。パート募集の求人だけに絞って探したいときは、あらかじめ条件を指定してから検索することをおすすめします。
ナース人材バンクに登録するときは初めにお持ちの資格を選択します。看護師、准看護師、保健師、助産師、看護学生に分かれているので該当する資格にチェックを入れて登録を進めていきます。希望の働き方と時期が選べるので、夜勤を含む常勤にするか非常勤にするかを選択します。時期は任意の項目になっていますが希望があれば選択しておいた方がいいでしょう。

 

 

ナース人材バンクってどう?口コミや登録後の流れ

 

 

理想とする転職を実現させたいとお考えの看護師の方は、ナース人材バンクを利用すると便利です。医療機関で看護師として勤務している方ならキャリアもしっかり積んでいますから、現在の職場に満足できないまま勤務し続けたのではもったいないでしょう。ナース人材バンクは看護師専門の求人サイトになっているので、希望の条件を満たした職場が見つけやすくなっています。
看護師の求人情報を掲載している専門のサイトは他にもいくつかありますが、ナース人材バンクは口コミでの評判が良いので安心して登録できます。口コミには求人の数が多くて選びやすかった、担当者が親身になってくれたので信頼できた、転職して給料が大幅にアップしたなど嬉しい意見が多く寄せられています。
ナース人材バンクに登録する方法や登録後の流れについて確認しておきましょう。初めにお持ちの資格や働き方、現在の住所、名前と生まれた年などの情報を入力しますが、登録が済んだらキャリアパートナーから連絡が入るので現在の状況や転職の条件などを伝えます。ただ希望に合った求人が見つかっても職場の雰囲気や人間関係が心配という方は多いでしょう。ナース人材バンクでは条件面以外に人間関係などもしっかり紹介しており、希望に合わない場合は断ることも可能ですから安心して任せることができます。紹介先が決まったら日時を設定して面接を行いますが、面接に対して不安を感じている方には事前に面接対策も行っているので相談してみるといいでしょう。直接は交渉がしにくい給与面や勤務条件などもキャリアパートナーが本人に代わって行いますから楽な気持ちで面接が受けられます。面接を受けて採用が内定した場合は入職の意思を確認した後に雇用概要確認書を取り交わします。実際に働き始めてから初めに提示された雇用条件が守られてない場合はキャリアパートナーに連絡しましょう。
面接は複数の事業所で受けることができるので、自分が一番納得できる職場が見つけられます。