民間のナースバンクと看護協会(ナースセンター)やハローワークの違い

どうして多くの看護師が民間のナースバンクを利用するのか?

bandicam 2015-11-07 13-45-42-933
※画像はナース人材バンク 年間10万人もの看護師が利用する最大手の民間のナースバンク

民間のナースバンクの魅力は高給料で待遇条件のよい非公開求人

看護師の求人を大きく分けると公開されている求人と非公開の求人とにわかれます。

公開されている看護師求人の代表的なものは公共のハローワークや公益社団法人の看護協会(ナースセンター)の求人票にある求人です。

非公開の求人は民間企業が運営するナースバンク(看護師転職サイト)が病院や施設と提携して会員にのみ紹介している看護師求人です。会員以外は見れないので非公開求人と呼ばれています。

病院側が非公開で応募する理由はいくつかありますが、もともと給料の良さや待遇の良さから人気のある職場で一般で募集すると応募が殺到して対応に時間がかかり業務に支障をきたしてしまうことも理由のひとつです。

※各サイトごとにちがった非公開求人が紹介してもらえます
lp

※非公開求人のほうが高給料で待遇条件よい場合が多いため、ハローワークなど公的な職業紹介の公開求人だけで転職・就職先を探すのはとてももったいない話です。逆に、公的な機関で紹介してもらえる求人は離職率の高いブラックな職場である可能性もあります。特にいつも求人が出ているところは要注意です。

以下で紹介する民間のナースバンクは無料で登録できて、無料で非公開求人を紹介してもらえます。

ポイント

各ナースバンクでもっている非公開求人の案件もちがうため
転職で後悔しないためには2~3つのナースバンクに登録するのが重要です。

複数のナースバンクに登録しても全く問題ないばかりか複数登録が常識ともいえます

看護師の就職支援を専門にやっている担当者がいろんなサポートをしてくれる

民間のナースバンクでは公共のハローワークや看護協会(ナースセンター)と違い看護師の就職支援を専門にやっているコンサルタントが条件にあった求人を探してきて提案してくれるほか応募手続きの代行までしてくれます。

さらに履歴書などの各書類の書き方や面接のアドバイスもうけることができます。しかも年収や待遇の細かい確認や交渉なども、コンサルタントが代行してくれます。

ポイント

同じ病院・施設であってもどのナースバンクを通じて入職するかで給与や待遇が変わってきます。
これはコンサルタントの交渉力などが影響するからです。
後悔しないためには複数のナースバンクに登録して、一番良い条件のナースバンクを通じて転職するのが重要です。

民間ナースバンクでブラック回避!転職前に職場の様子を調べることができる

求人票だけではわからない病院の内部情報まで、民間のナースバンクでは教えてくれます。このようなサービスは公的なハローワークやナースセンターにはないものです。

事前に職場の雰囲気を知ることができていれば、こんなハズじゃなかったといった転職の失敗はかなり防げるはずです。

bandicam 2015-11-07 13-45-55-675

※民間のナースバンクは利用した看護師のほとんどが転職に成功しており「利用してよかった」と満足しています。すべて無料でサービスが受けられるので利用しない理由がありません。

最新版!ブラック病院回避に役立つ民間ナースバンクBEST3

※ 完全無料 厚生労働省認可 大手優良企業のナースバンクのみ厳選しています



一押し記事一覧